tnkado’s blog

駄文で綴る中年のたわごと(戯言)です

「シングルマザー」と「朧月夜」と「きんつば」ふたつ


スポンサーリンク
 

A子さんは 

もの心がついた頃から 

母親の記憶はあるが 

父親のそれは 全くない

 

親類が持ち込んだお見合い話が縁で 

A子さんのご両親は 出会い

永遠の愛を誓い 結ばれた

 

決して裕福とはいえない収入から 

これから産まれて来る 

新しい命の将来を考え 

倹約した生活が始まった

 

新婚当初の父親は 優しかったそうだ

 

だが しばらくすると 

職場や近所での外面は「いい人」だが

内側は真逆の本性を現した

 

 母親が 栄養バランスを考え

心を込めて作る弁当は

「みすぼらしい」と云い 

会社へ持参せず

 

やりくりして作る夕飯は 

「おかず」を見て気に入らないと

生活費が入った財布を片手に

ぶらりと外出し 毎晩のように 

酔って帰宅し

仕事が休みの日は

競馬、競輪、麻雀・・・

 

やがてA子さんが産まれた

 

子どもが生れれば 

父親としての自覚も出来

変わってくれるだろう・・・

という願いは叶わず

 

酔って帰ると 

夜泣きをするA子さんに怒鳴りちらし

さらに大声で泣くと 

暴力を振るおうとするので

母親は身を挺して

A子さんをかばった

 

ある日 母親は

「離婚する」ことを決断し

「シングルマザー」として

生きる道を選んだ

 

母親は 昼間の仕事を見つけたが

その収入だけでは生活が苦しいので

 

夜は 濃い目の化粧をして

肌の露出が多い服装で

知人の飲食店で働いた

 

遠足の日に

二日酔いで起きれず

弁当を作らなかったり

 

授業参観日に

タバコの臭いが染みついた

髪と服で教室に来たり

 

そんなことが嫌で嫌で

喧嘩して反抗したことも

たくさんあった

 

でも

一生懸命に働く母親の後ろ姿を見ると

反抗は一時的なもので終わった

 

時は過ぎ

沈丁花の花が 春の香りを運ぶ頃

成長したA子さんは 高校に入学し

すぐに家計を助けるために 

アルバイトを始めた

 

桜の花が散り 新緑が芽吹く前の

「朧月夜」の日 A子さんは

初めてのアルバイト料をもらった

 

アルバイトを始めて 日も浅いので

わずかなアルバイト料だった

 

けれども

 本当は 和菓子が好きで

倹約の為に 我慢している母親に 

帰宅途中 閉店間際のスーパーに寄り

値引きシールが貼られていた

きんつば」をふたつ買った

 

帰宅すると 

母親は 夜の仕事から

まだ帰っていなかった

 

テーブルに「きんつば」ふたつと

「初バイト料をもらったので食べて」と

感謝の気持ちをしたためた手紙を置き

寝た

 

母親のすすり泣く声で目が覚めたのは

午前3時を過ぎた頃だった

 

さらに時は過ぎ

A子さんは結婚し 子どもが生まれた

 

その年の暮れ 母親は急逝した

 

母親の位牌の前には

ときどき

きんつば」が供えられている

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ