tnkado’s blog

駄文で綴る中年のたわごと(戯言)です

「シェルブールの雨傘」


スポンサーリンク
 

シェルブールの雨傘」は

1964年の仏映画

 

映画は観たことがない方でも

主題歌は 喫茶店などのBGMで

聴いたことがあると思います

 

愛し合う男女

戦争が始まり 男性は招集され

女性はお腹に新しい命を宿したことを

戦地にいる男性へ手紙で知らせる

 

女性は男性の無事の帰国を待つが

戦地に赴いた男性からの便りは途絶える

 

そんな女性の現状を受入れ

求婚をする男性が現れ

 

子どものためにも

女性は新しい場所で

新しい生活を始めることを決意する

 

男性はようやく戦地から帰国し

女性と我が子が暮らす家へ戻るが・・・

 

ラストの雪降るガソリンスタンドで

現在(いま)の幸せを壊さないよう

お互いに気遣う心

 

「運命ならば 人はどこかで再び巡り逢うもの」

というのが 私の感想です

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ