tnkado’s blog

駄文で綴る中年のたわごと(戯言)です

晩夏


スポンサーリンク
 

昇る太陽の角度が 夏至の頃のそれとは異なり

淡い陽射しに変わってきた

 

県南部の早場米の地域では 7月末頃には

新米の収穫が始まったと 新聞の地方版にあった

 

今年もまた 黄金色の稲穂を刈り取る作業は

徐々に北進しているようだ

 

梨の花は 4月の開花が早かったので

晴れが少なく 曇天や雨が多い

7月だったにもかかわらず

実は熟し 収穫の始まりが早く

幸水の出荷は終わり

豊水の出荷が盛りを迎える

 

露地栽培の野菜は 7月の降水で根腐れ

8月に入ると 熱い陽射しで 大地が乾き

秋物の作付けや生育に難があり

早朝や夕方に 散水作業に精を出す農家がいる

 

短い夏休みを終えた マスク姿の子ども達が

友だちとのおしゃべりを楽しみながら

下校している

 

晩夏の通り雨は 短く 激しかった

排水処理能力を超えた場所では

道路が冠水し

 

道路工事の警備員が びしょ濡れになりながら

交通誘導をしていた

 

車のエアコンを止め 窓を開けると

心地よい涼風が吹いて来た

 

雨雲は足早に去り

晩夏の空が夕日に染められていた

 

秋の足音が聞こえた気がした

プライバシーポリシー お問い合わせ