tnkado’s blog

駄文で綴る中年のたわごと(戯言)です

輪廻転生(あの日の記憶を宿したモノ) ~序章


スポンサーリンク
 

ヒトが死ぬと、魂は身体を離れ

49日間はこの世に留まるが

その後は「あの世」へ旅立つ

 

長い旅の時間(とき)の流れの中で

魂は浄化され

前世の記憶を忘却する

 

旅が終わりを迎える頃に

記憶の忘却も完了する

 

その後、魂は大きな渦(うず)の中に入る

 

渦は浄化された魂の集団で

ゆっくり大きく回転している

 

と、ひとつの魂が

新しい命となるべく

渦から飛び出していく

 

新しく生まれ変わることは

輪廻転生と呼ばれ

再びヒトに生まれ変わるとは限らず

動物の場合もある

 

 ごく稀(まれ)に

前世の記憶が残ったまま

輪廻転生する場合がある

 

これは、そのような

前世の記憶を持ったまま

生まれたモノの物語である

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ