tnkado’s blog

駄文で綴る中年のたわごと(戯言)です

「青い空を、白い雲がかけてった」


スポンサーリンク
 

千葉は連日の雨天続きで

気が滅入ってくる

 

辛気臭いのは嫌なので

早くスカッとした青空を拝みたいと思う

 

 「青い空を白い雲がかけてった」は

作者「あすなひろし」さんの漫画

 

週刊少年チャンピオン

不定期掲載だったので

掲載されている時はうれしかった

 

他に好きな作品で読んでいたのは

長野県小諸市出身

小山田いく」さんの

すくらっぷ・ブック

 

便利な世の中になり

無料で少しだけ試し読みできるので

久しぶりに読んでみた

 

「懐かしいなぁ~」と思う一方で

「自分が作品の何に共感していたのか?」

わからない⤵⤵⤵

 

あの頃の感性を

どこかで落としたのか?

どこに置いてきしまったのか?

それさえもわからない

 

 それで、こんな大人になっちまったのか?

 「反省だ」と思い

 

反省すること66秒

 

あの頃の自分ならどんな文章を書くのだろうか?

と、考えること35秒

 

先日頂戴したコメントでおだてられて

豚が木に登り、その気になり

あの頃の感性に戻り

この度児童文学作家を目指すことにした

(冗談ですよ)

 

で、とりあえず冒頭部分を考えた

 

題名 「北風小娘」

 

北風小僧には妹の「北風小娘」がいる

 

「北風小娘」はゲゲゲの鬼太郎に出てくる

猫娘」に憧れていて

本当は「北風娘」と呼ばれたいのだが

まだまだ駆け出しの

初心者マーク付けた修行中なので

「北風小娘」と呼ばれている

 

でも、脱いだらスゴインデス

 

いけない

これじゃあ児童文学では無いな

 

構想を練り直して出直します

 

とりあえず、本業の仕事しなければ・・・

 

改めて、後日投稿しますデス

 

では、ごきげんよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ