tnkado’s blog

駄文で綴る中年のたわごと(戯言)です

「北風小娘」5

西の空が茜色に染まり始め

山間の、人影のない駅のホームに

二両編成の下り電車が入って来た

 

電車が通る風圧で、枯れ葉が舞った

 

電車からは、幼子と手をつなぎ

もう片方の手に買い物袋を提げた女性と

小学生が数人と、老夫婦が降り

最後に、男女の高校生二人が降りた

 

高校生二人組は幼馴染の様で

男の子はクラスメイトに「片想い」をしていて

「どうやってクリスマスプレゼントを

渡せばいいのか?」と

隣にいるポニーテールの女の子へ相談している

 

駅舎の屋根に座り

「北風小娘」はそんな高校生二人組を眺め

 

「あの男の子はニブいな」

 

女の子は笑いながら相談に答えているが

その横顔は少し寂しげだ

 

ポニーテールの女の子は

隣にいる男の子に「片想い」をしている 

 

「北風小娘」は

 「あの女の子は自分の気持ちを隠し通そうとして、

気持ちを握りつぶして押し殺している」と感じていた

 

でも「北風小娘」には

二人の近くを飛ぶクピード(Cupido)が見えていた

日本では、英語のキューピッド(Cupid)の名で知られる

 

ちなみに、彼らにも転職組がいて、成功者は

食品関係の企業で、自らの名称をアレンジして

調味料商品に名付け長寿ヒットさせている

さらに、名を冠した3分間の料理番組まで持っている

 

もっとも、本当に3分間で出来上がる料理のみを

紹介しているわけではないらしいが・・・

 

 

「北風小娘」が「フッ」と口笛を吹くように

短く息を吐くと 小さなつむじ風が起きて

ニブイ男の子の後を追う

 

男の子は驚き、駆け出そうとしたが

つまづいてバランスを崩して転び、

同時につむじ風はスッと消えた

 

それを見て、女の子はクスクス笑った

 

 ねぐらに帰るカラスガ数羽

鳴きながら山に向かって飛んで行く

 

「二人は、一度はお互い個々の道を歩むけれど

いずれは一本に戻る道だから、将来結ばれるなあ~」

と思いながら

 

「さあ、わたしも帰ってご飯食べよう」と

「北風小娘」は家路についた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アクビ娘」 ハクション大魔王 1969年

お客様宅を訪問した際

4歳の女の子から「遊ぼう」と誘われたので

ハクション大魔王」(1969年放送開始)の

ED曲 「アクビ娘」をYouTubeで探して聞かせたら

 

「シュワ シュビ ドゥワ~」の部分が

とくに気に入った様子でノリノリで踊ってくれた

 

帰り際に

「おともだちになってあげるね! あとね、

おおきくなったら、かいご(介護)してあげるね」と

おっしゃってくださった

 

その節は「介護」よろしくお頼み申し上げます

 

愛媛県西伊予市「由美子ちゃんのおべんとう」

 

先日、BS日テレ「NNNドキュメント 19」

「由美子ちゃんのおべんとう」の再放送を視聴した

 

京都から愛媛県西伊予市のみかん農家へ嫁いだ主人公

 

リアス式海岸の入り江にある集落での暮らし

 

ご主人が47歳で亡くなり

その2年後に弁当・総菜の販売店

「ゆめさく屋」をオープンし

地域の高齢者のために配達も行う 

 

2018年7月 西日本豪雨で集落も被害に遭い

町にある唯一のスーパー

Aコープ明浜」は閉店が決まる

 

3カ月後の10月に、主人公は「ゆめさく屋」を

食料品・日用品も販売するミニスーパーへ改装し

更にJAからの委託で、移動販売車の運営も開始する

 

 「ゆめさく屋」の移動販売では

細かいお客さんのリクエストを聞き応える

丁寧な販売姿勢

販売車が来るのを、コーヒーを煎れて心待ちにしている

お客さんもできた

 

朝7時から夜7時まで、休むことなく働く主人公

 その姿を見て育つお嬢さん

 

「市井(しせい)の人」の生活を互いに支えあうのは

「そこで暮らす人たち自身」なんだ

と、思った

   

 www.ntv.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北風小娘」4

竹林の中にある風の道を真っ直ぐ行くと

ポプラ並木の通りへ出る

 

並木通りを右に曲がり、道なりに行くと

3つめの左カーブを曲がった先に
年季の入った農家作りの家が左手に見える

 

その家の庭先にある柿の木を目指し

唇をかみしめながら

「北風小娘」は疾走していた

 

帰る途中で、カラになっている昼飯の弁当箱を

柿の木の枝につるしたまま忘れたのに気づき

慌てて戻ってきた

 

「あっ・・・あった! よかった~」と

喜んでいる短い時間に

 すでに傾き始めていた西日が暮れた

 

「北風小娘」は忘れん坊だ

 

小学生の時は「体操着」や「給食当番の白衣」を

持ち帰るのを時々忘れ

朝降っていた雨が、帰る頃に止んでいると「傘」を忘れ

「宿題」にいたっては毎回忘れていた

 

「さあ、早く帰らなくちゃ」と

今来た風の道を、自宅へ向けて駆け出した

 

「風族」の、特に「北風派」は一年で最も多忙な時期だ

 

今日は、母・兄・姉は残業で、父は宿泊勤務だ

 

そのため、夕飯は「北風小娘」が作る

 

「北風小娘」は、先日ブログで見た

「里いもコロッケ」がとても美味しそうだったので

真似て作ろうと思ったが

残念なことに、そのブログには写真は載っていたが

レシピの掲載がなかった

 

仕方がないので、メニューを切り替え

「けんちん汁」を作ることにした

 

もしも「北風小娘」は熱い「けんちん汁」食べるのか?と

疑問を抱く方がいたら

未来の国からやってきた「ネコ型ロボット」の好物が

「どら焼き」という話もあるので

細かいことは気にしないでください

世の中には、矛盾していることや、理解し難いことが多々あります

 

話を戻します

 

「北風小娘」は里芋・人参・ごぼう・大根などの野菜を切り

ついでに自分の指も切ったりしたが

悪戦苦闘の上、夕飯は完成した

 

そうこうしているうちに、残業組が帰宅して

4人で夕飯を囲んだ

 

「北風小娘」が部屋でくつろいでいると

「ヒュー、ヒュー」と風が鳴く音が聞こえた

 

宿泊勤務組が仕事をしている音だ

 

「風が雲を払うので

 明朝は放射冷却で冷えるに違いない」

 

「北風小娘」はそう思い、ベットに潜り込んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北風小娘」3

秋の神様がのっそりと起き上がり

旅立ちの仕度を始めた

 

様子をうかがっていた「風族」の

「北風小僧」などの「北風派」は

森,林、山や並木道などへくり出して

樹々の彩を変えていく

 

森や山に住むタヌキやリスなどの

生きものたちは

樹々の彩が変わるのを感じて

長くて寒い冬への備えを、あわてて始める

 

「北風小僧」たちは、それぞれ「団扇」や

「扇子」を使って風を起こしているが

 まだ初心者マーク付けた見習いの

「北風小娘」は持っていない

 

兄の「北風小僧」から初めて

「この場所はお前に『まかせる~』」と云われたので

 

「北風小娘」は張り切って大きく息を吸い

顔を真っ赤しながら頬を膨らませ

「フーッ」と一気に息を吐きだしては

並木道のイチョウを彩っている

  

「北風小娘」はその日の任務を終えると

ぐったりして自宅へ帰ってきた

 

昼間一生懸命に働いたので

お腹はペコペコで、夕飯だけでは足りず

夜食は、これまでは菓子類を食べることが多かったが

読者登録しているブログで、白砂糖は美容に良くない

という記事を読んでからは

「お年頃」なので、美容に気をつけるようになり

 

今夜はネーブルオレンジと水晶文旦を食べている

 

「北風小娘」は柑橘類が好物なのだ

 

お腹がいっぱいになり、その晩はスヤスヤと眠れ

 翌朝は小鳥のさえずりで目が覚めた

 

「北風小娘」が部屋の窓を開けると

冬のヒンヤリとした空気が入ってきて

 秋の神様が、昨夜のうちに

独りで次の場所へ旅立ったことを知った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬枯れの公園に、カレーの匂いがする

暦の上では立春を過ぎていたが

まだまだ寒風吹きすさぶ2月初旬

 

大学は春休みに突入していたので

日々、朝から晩(11時~23時)まで

中華料理店での調理補助のアルバイトに

明け暮れていた

 

15時~17時までが昼休憩

 

15時に暖簾を降ろして

さっと賄い食べて片付けして

休憩スペースはなかったので

一度私服に着替えて、下宿に戻る

 

大通りから2本違いの、自動車の交通量が少ない

住宅街を自転車で走り下宿に向かう

 

途中に小さな公園があり

親子連れ3人がいて

子供2人は砂場で遊んでいた

 

母親は、寒いし、日も暮れるので

「もう帰るよ」と子の名前を呼ぶが

子供たちは遊びに夢中で返事もしない

 

下宿に着く頃には、16時近くなり

炬燵に潜り込み、目覚ましをセットして

うたた寝する

 

目覚ましのアラーム音で目が覚めると

16時40分

 

慌てて起きて自転車に乗り

再びアルバイト先へ向かう

 

と、露地から車両が勢いよく侵入して来た

 

慌てて急ブレーキかけて自転車を止めた

 

「危ねえじゃねえかこのヤロー!!!」

と思いながら

視線をさっきまで子供が遊んでいた公園に向けると

そこには、今はもう誰もいない

 

 どこからか、テレビの音や子供の笑い声が聞こえ

魚を焼いたり、カレーを煮込む匂いが漂う

 

公園の街路灯に照らされ

葉が全て落ちた裸ん坊の樹が

ポツンと立っている 

 

「春は遠からじ」

 

そう思い、自動車が通り過ぎたので

再び自転車のペダルを漕ぐ

 

が、何故か空回りした

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

チェーンが外れてしまった

 

遅刻しちゃう~~~と、気持ちが焦り

自転車抱え上げてアルバイト先まで走った

 

店に着くころには、身体はポカポカして

汗をかいていた

 

一足先に春が来てしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ